浦安フェスティバル2017浦安フェスティバル2017

浦安フェスティバル2017
 
浦安フェスティバル2017

【主催】浦安フェスティバル 2017 実行委員会
【協力】(公社) 浦安青年会議所、浦安商工会議所青年部、明海大学、(公財)うらやす財団、浦安市、浦安商工会議所、(一社) 浦安観光コンベンション協会

浦安フェスティバル2017ご来場アンケートの受け付けは終了しました。
ご協力ありがとうございました。

青森ねぶた 跳人(はねと)募集! 青森ねぶた 跳人(はねと)募集! ねぶたと一緒にラッセラー!跳人(はねと)参加者募集
青森ねぶたの組み立て 青森ねぶたの組み立て
日本三大流し踊りがやってくる!日本三大流し踊りがやってくる!
浦安フェスティバル概要

浦安フェスティバル2017
-未来への絆-

うらやす観光推進協議会では、文化、産業、都市基盤など、浦安の持つ優れた地域資源と話題性を生かし、国内外との地域間文化交流を進め、ふるさとづくりや地域経済の創出・定着を図ることで、「魅力ある浦安づくり」を実現することを目的とした、浦安フェスティバル2017を開催します。

浦安フェスティバル2017の開催に伴い、各会場を結ぶ無料シャトルバスを運行します。
また、交通規制に伴い、一般路線バスの運行に変更が生じます。
詳しくは、以下、東京ベイシティ交通株式会社ホームページをご覧ください。
●無料シャトルバスの運行について(16日・17日)(外部リンク)
●一般路線バスの運行について(17日のみ)(外部リンク)

エリア紹介
シンボルロード・パレード(9月17日 日曜日のみ)
第1部市民パレード14:30ごろから
浦安しあわせの稚児行列!

浦安しあわせの稚児行列!

稚児行列とは、古来から、魂の清らかな小さな子ども(おおむね6歳くらいまで)をお稚児さんと称して、五穀豊穣、諸産業発展のお祈りや祭礼奉仕にかかわるなど、我が国固有の伝統行事として引き継がれています。 当日はかわいらしい衣装を着たお稚児さんが、浦安の発展と健やかに育った感謝を胸に、幸福鈴を持ってシンボルロードを歩きます!

バトントワリング ユニバーサルバトン☆新浦安

バトントワリングユニバーサルバトン☆新浦安

地元、日の出南小学校を中心に、5歳から高校生までの約40名で活動しています。 みなさんに楽しんでいただけるよう、元気な笑顔で精一杯演技します。

東京学館浦安中学校・高等学校吹奏楽部

東京学館浦安中学校・高等学校吹奏楽部

私たちは夏のコンクールや地域のイベント、野球応援などに向けて、日々練習しています。 楽器を吹くだけではなく、合唱練習も行っています。 吹いて、奏でて、楽しく音楽をつくるために練習に努めています。

高等学校HP > 中学校HP >
東海大学付属浦安高等学校・中等部吹奏楽部

東海大学付属浦安高等学校・中等部吹奏楽部

私たちは夏に吹奏楽コンクールに出場しています。 そのほかにも、たくさんのイベントにも参加しているので、お時間のある方はぜひ、見にいらしてください。

HPはこちら >
習志野高等学校吹奏楽部

習志野高等学校吹奏楽部

私たちは、伝統の「悔いのない一日を!」を合言葉に、地域に愛される吹奏楽部をめざし日々奮闘しています。 今年も200人の部員全員で参加させていただきます。 音楽で浦安をさらに元気にできるよう頑張ります。

HPはこちら >
ブリオベッカ浦安 × ブルーキャッツ

ブリオベッカ浦安 × ブルーキャッツ

浦安のシンボルであるべか舟、相手を倒す象徴としてのブリューナク(ケルト神話に登場する槍)を組み合わせることにより、浦安の地に根差した、活力ある強いチームの象徴として命名しました。 地域のジュニアを原点として世界で活躍できる選手を育成し、浦安および周辺地域市民が成長を見守りながら応援できる、地域に愛されるサッカーチームを目指しています。

HPはこちら >
バルドラール浦安

バルドラール浦安

浦安市を本拠地とする、日本フットサルリーグに参加するフットサルクラブです。 バルドラールとは、三方を海に囲まれた海浜都市"浦安市"を象徴とするBarco(バルコ・スペイン語で『舟・船』)と日本からアジア、そして世界へと飛躍する姿を天空に臨むイメージからDragon(スペイン語で『竜・龍』)を合わせた造語で、"ドラール"(Dorar)は、スペイン語で『金色にする』という意味があり、チームカラーに由来しています。

HPはこちら >
千葉ジェッツ

千葉ジェッツ

船橋市を本拠地とする、日本男子プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)に参加するバスケットチームです。 「アグレッシブなディフェンスから走る」をバスケスタイルにしています。

HPはこちら >
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

ジャパンラグビートップリーグに参加するラグビーチームです。 すべての目標達成のために、チーム全員、チームを応援してくれる社員やファンの人々と力を合わせ、魂のこもったプレーをする。 そして、ノーサイドのホイッスルが鳴り終わるまで、フォワードとバックスが一丸となって、すべてを出し尽くす。チームコンセプト「ALL OUT Complete PADS」は、そんなシャイニングアークスの積極的なプレースタイルを言葉として表現しています。

HPはこちら >
市内小学生によるよさこいソーラン「舞だ!浦安舞」

市内小学生によるよさこいソーラン「舞だ!浦安舞」

「子どもたちに、ふるさと浦安の曲を作り、伝えていきたい」という思いから、この「舞だ!浦安舞」は制作されました。 広いシンボルロードで気持ちよくおもいっきり踊れる喜びを、沿道のみなさんにもお伝えできるように張り切って盛り上げていきます。

第2部踊りのパレード16:00ごろから
よさこいソーラン祭 CHIよREN北天魁

よさこいソーラン祭CHIよREN北天魁

千葉によさこいを広めることを目的とし、NPO法人千葉よさこい連絡協議会を母体に活動しているチーム、「CHIよREN北天魁」によるよさこいです。幅広い年齢層でそれぞれ環境の違ったメンバー達が鳴子踊りを通したまちづくりを理念として、踊る側も観る側も感動出来るよさこいを目指して活動しています。

よさこいソーラン祭 REDA舞神楽

よさこいソーラン祭REDA舞神楽

チームスローガンは「人間大好き愛情集団」、船橋市を拠点として活動しているチーム「REDA舞神楽」によるよさこいです。 観客のみなさんと一緒に楽しめるよう、「遊び」と「ライブ感」のある舞神楽独自のYOSAKOIを追及しています。

よさこいソーラン祭 朝霞なるこ遊和会

よさこいソーラン祭朝霞なるこ遊和会

埼玉県朝霞市を中心に活動している鳴子踊りのチーム、「朝霞なるこ遊和会」によるよさこいです。 年間を通じて活動し日本全国各種お祭りイベントへ出演しています。 遊和会の熱い力強い演舞でお祭りを盛り上げていきます! 押して押して押しまくりますので応援よろしくお願いします。

よさこいソーラン祭 迫

よさこいソーラン祭

東京小平市、東村山市で、よさこい中心のダンスパフォーマンス集団として結成され、今年で10周年を迎えたチーム、「迫」によるよさこいです。 自分たちが楽しむだけでなく“見てくださる方々がいる”ということを常に意識し、“魅せる”事を心がけてまいります。 【迫】、その名のとおり、あなたの心に感動を与えひしひしと迫ります。

長崎くんち(龍踊り) 東龍倶楽部

長崎くんち(龍踊り)東龍倶楽部

寛永11年(1634年)、二人の遊女が諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが始まりと言われる。奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判だった。この奉納踊は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

仙台すずめ踊り 仙台・青葉まつり協賛会

仙台すずめ踊り仙台・青葉まつり協賛会

慶長八年(1603年)、泉州・堺(現在の大阪府堺市)出身の石工が、藩祖伊達政宗公の御前で即興で披露した踊りがはじまりされる。「はねっこ踊り」とも呼ばれるすずめ踊りは、中腰でやや前かがみの姿勢、手には扇子を持ちあとはお囃子に合わせ思い思いに楽しく体を動かし踊る。

盛岡さんさ踊り 盛岡商工会議所青年部

盛岡さんさ踊り盛岡商工会議所青年部

昭和53年に第1回が開催され、2014年には世界一の和太鼓の数の祭りとしてギネス世界記録に登録された。「サッコラチョイワヤッセ」という独特のかけ声と共に踊り手が優雅に舞い、太鼓が打ち鳴らされる。踊り手らはパレード形式で踊りながら進む。

山形花笠まつり 山形大学花笠サークル四面楚歌

山形花笠まつり山形大学花笠サークル四面楚歌

山形の真夏の夜を彩る、華麗なまつり「山形花笠まつり」。威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、シンボルロードを舞台に群舞を繰り広げます。

渋川へそ踊り 北群馬信用金庫

渋川へそ踊り北群馬信用金庫

群馬県渋川市の夏の恒例イベント、「日本のまんなか」「日本のへそ」を謳う渋川市ならではのユニークなお祭りが「渋川へそ祭り」です。 毎年約6万人以上が来場するこのお祭りのメインとなるのが「へそ踊りパレード」。 お腹に大きな顔を描き、お揃いの衣装で音頭に合わせてステップを踏む「はら踊り」「浴衣踊り」「自由踊り」といった部門があります。 このパレードは、踊り手、観客が一体となって盛り上がります。

浦安囃子保存会結成70周年記念パレード

浦安囃子保存会結成70周年記念パレード

戦後すぐの浦安の祭りの折り、川向こうの葛西囃子が出演しました。 その魅力にほれこんだ漁師仲間5人が江戸川区鹿骨地区の伝承者から習い伝えられたもので、一般的には葛西囃子と呼ばれています。 昭和22年、浦安囃子睦会(平成12年「浦安囃子保存会」と改称)が結成され、その後、神学なども取り入れられ、伝承者も徐々に増加し、浦安の郷土芸能として定着しました。

黒石よされ 黒石レクリエーション協会・黒石よされ東京会

黒石よされ黒石レクリエーション協会・黒石よされ東京会日本三大流し踊り

今から500年から600年前、盆踊りの時の男女の恋の掛け合い唄であったといわれている「黒石よされ」。 黒石の盆踊りが盛んになったのは、1781から1789年(約230年前)時の家老、境形右衛門が城下町に人を集める商工振興対策として力をいれてから、今に受け継がれています。 幕末の頃の黒石の盆踊りは『金正日記』によると「つづみ、太鼓、三味線、その数を知らず」とあり、その盛況さがうかがわれます。

徳島阿波踊り 南越谷阿波踊り振興協会

徳島阿波踊り南越谷阿波踊り振興協会日本三大流し踊り

400年の歴史を持ち世界にもその名を知られる。盛んに踊られるようになったのは、徳島藩祖・蜂須賀家政が天正14年(1586年)に徳島入りした頃からといわれ、その後、年を重ねるごとに豪華になっていく。お囃子が響き、ぞめきのリズムに踊り子や見物客の身も心も弾む。

郡上おどり 郡上踊り保存会

郡上おどり郡上踊り保存会日本三大流し踊り

「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」の歌詞で知られる郡上おどりは400年にわたって城下町郡上八幡で歌い踊り続けられてきたものです。 観光客も地元の人もひとつの輪になって踊るという楽しさがあるため、郡上おどりは「見るおどり」ではなく「踊るおどり」といわれています。

浦安婦人の会連合会

浦安婦人の会連合会

婦人の会は、昭和26年の発足。女性の地位向上や生活改善運動をはじめ、社会教育ボランティア団体として会員相互の親睦を深めながら、さまざまな生涯学習活動を行ってきました。 市内の学校や郷土博物館、文化財住宅などで、子どもたちに昔の生活体験や郷土料理の実習など、社会人講師として多くの会員が参加しています。

第3部山車などのパレード17:10ごろから
秋田竿燈まつり 秋田市竿燈会

秋田竿燈まつり秋田市竿燈会

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。 竿燈は、外町(町人町)に住む職人や商人によって始められ、お盆に門前に立てる高灯籠を持ち歩けるようにしたのが竿燈の始まりとされている。竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。 重要無形民俗文化財に指定されている。

秋田竿燈まつり 秋田市竿燈会
青森ねぶた&跳人 青森市

青森ねぶた&跳人青森市

起源としては諸説あるが、享保年間(1716年~1735年)の頃に、油川町付近で弘前のねぷた祭を真似て灯籠を持ち歩き踊った記録がある。青森のねぶたには大型ねぶた、子供ねぶた、地域ねぶたがあり、現在では最大サイズとして幅約9m、高さ約5m、奥行き約7mと言う規定がある。日本や中国の伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神仏などを題材にする。

 

総合公園エリア
総合公園エリアクリックタップで拡大

※ステージプログラム17日14:00より出演のグループは「ダイヤモンドガールズ」から「なめんなよ原宿」に変更となりました

新浦安駅前エリア
浦安フェスティバル2017 情報ページ

浦安フェスティバル2016